スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元朝日新聞記者の敗訴確定 記事不掲載訴訟(産経新聞)

 「長良川河口堰(ぜき)」について執筆した記事が掲載されず、記者の権利が侵害されたとして、元朝日新聞記者の男性が、朝日新聞社に謝罪記事掲載と慰謝料などを求めた訴訟の上告審で、最高裁第3小法廷(藤田宙靖裁判長)は26日、男性側の上告を退ける決定をした。男性側敗訴の1、2審判決が確定した。

【関連記事】
朝日新聞の記事不掲載訴訟、元記者の請求を棄却
麻生「朝日新聞に説明必要感じず」しつこい記者一蹴
“世間ズレ”鳩山、支持率急落 不支持40%前後にも
「純粋な勉強会」首相が朝日新聞に反論
朝日新聞が新潟日報に印刷委託 新潟県配達分のうち3万部

<覚せい剤所持>名古屋地裁が無罪判決 第三者の可能性指摘(毎日新聞)
<自民党大会>ノムさん敗因分析「負けに不思議の負けなし」(毎日新聞)
那覇発日航機、エンジントラブルで引き返す(読売新聞)
名護市長選、24日投開票=普天間争点に最後の訴え(時事通信)
名護市長選、24日投開票=普天間争点に最後の訴え(時事通信)
スポンサーサイト

一足早く「鬼は外」和歌山・補陀洛山寺(産経新聞)

【ふるさと便り】

 世界遺産に登録されている和歌山県那智勝浦町の補陀洛山寺(ふだらくさんじ)(高木亮享住職)で27日、一足早く節分の豆まきが行われた。

 この日は恒例の立春大護摩祈祷会(きとうえ)が開かれ、国の重要文化財に指定されている本尊の十一面千手観音像を開帳。参拝者らは手を合わせてお祈りし、護摩木を焼いて家内安全、商売繁盛や大漁を祈願した。

 この後、境内に設けられた舞台で高木住職らが、集まった約200人を前に「鬼は外」「鬼は外」と威勢のいい声をかけながら福豆ともちをまいた。

 同寺は極楽浄土を目指し、小舟で旅立つ儀式「補陀洛渡海」の信仰を伝える寺として知られる。

【関連記事】
はるな愛さん、「法テラス」のために一役
例年より早くツルが北帰行、鹿児島県の出水平野
米倉涼子さんが一日空港長 映画「交渉人」PR
ブルトレ「北陸」とボンネット「能登」 ラストラン間近
高野山で浄財求め托鉢

働く母親 交代で子育て “午後6時の壁”クリア(産経新聞)
小沢氏、23日に聴取=「被疑者」も検討-4億円の説明求める・東京地検(時事通信)
<地質年代「第四紀」>258万年前からに変更 再調査で(毎日新聞)
「幼保一元化」法案、11年度提出へ=鳩山首相が参院予算委で表明(時事通信)
振り込め被害、前年の3分の1に…警察庁(読売新聞)

<名古屋市長>給与800万円案、曲げずに議会提出へ(毎日新聞)

 名古屋市特別職報酬等審議会は22日、市長の給与を年800万円に制度化する河村たかし市長の諮問に対し、「同意できない」と答申した。答申は一方で「広範な議論が期待される」とも記しており、市長は記者団に対し「議会で議論してくれということ」と述べ、市議会2月定例会に諮問どおりの内容の条例改正案を提出する方針を明らかにした。本来、市長には給与として年間2700万円が支給される。河村市長は公約に基づき自身の給与を800万円に引き下げたが、これは河村市長の任期に限った特例扱い。河村市長は昨年12月、特例から恒久的な制度に変更するよう同審議会に諮問していた。

 答申は「次の市長へ政治理念の押しつけになる」などの意見を列挙し審議会の考え方とは異なると指摘。議会からも「優秀な人が市長にならなくなる」(服部将也・民主市議団政審会長)、「次の市長の話なので、任期満了までに議論を深めるべきだ」(共産・山口清明市議)など否定的な意見が相次いでいる。【丸山進】

【関連ニュース】
名古屋市長:「がん施設」建設へ…損害賠償金無視できず
衆院選:「政治に対する民の怒り爆発」名古屋市長
今年の漢字:名古屋の河村市長は「挑」…「芋」改め
名古屋市議会:委員会で減税修正案を可決 河村市長は反発
河村たかし名古屋市長:指定都市会長選に立候補

普天間、首相「国が結論出す」…名護市長選受け(読売新聞)
亀井氏「国民の相当数、冷静な判断能力ない」(読売新聞)
名護市長選 市民の意思伝えたい…当選の稲嶺氏(毎日新聞)
<鶴屋南北戯曲賞>小幡欣治さん作「神戸北ホテル」に(毎日新聞)
<訃報>「キン肉マン」ロビンマスク役の声優 自殺か(毎日新聞)

普天間、移設先自治体の合意いらず…官房長官(読売新聞)

 平野官房長官は26日午前の記者会見で、沖縄の米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設問題で、移設先の自治体の合意を得る必要性について、「理解は求めなくてはいけないが、合意が取れないと物事を進められないものなのか。日本の安全保障にかかわってくる問題だ」と述べ、合意の必要性はないとの認識を示した。

 一方、鳩山首相は26日朝、沖縄県名護市長選で普天間飛行場の同市辺野古への移設に反対する稲嶺進氏が当選したことに関し、「市長選の結果は一つの民意の表れだと受け止めている。私どもとしては(政府・与党の沖縄基地問題)検討委員会でゼロベースで移設先を決めていくことに変わりはない」と述べ、辺野古への現行移設案を排除せずに移設先を検討する考えを改めて強調した。首相公邸前で記者団の質問に答えた。

マクドナルド元店長代理の過労死認定=遺族補償不支給取り消す-東京地裁(時事通信)
ハイチ大地震 「72時間」経過後も奇跡の生還相次ぐ(産経新聞)
<原研機構>下請けの所得隠しで改善策を発表(毎日新聞)
センター試験の外国人参政権「容認」 川端文科相「問題ない」(産経新聞)
民家に押し入り腕時計奪い逃走 大田区で強盗 (産経新聞)

<北海道ひき逃げ>20キロ引きずり死なす 容疑の男逮捕(毎日新聞)

 北海道美唄市大富の道道で2日夜、近くに住む無職、朝倉清司さん(80)がひき逃げされ、20キロ以上離れた奈井江町で遺体で発見された事件で、北海道警美唄署は25日、月形町、左官工、松本英樹容疑者(47)を道路交通法違反(ひき逃げ)と自動車運転過失致死の疑いで逮捕した。

 容疑は2日午後6時15分ごろ、美唄市大富の道道で、倒れていた朝倉さんを乗用車でひき、奈井江町の奈井江大橋まで引きずった疑い。

 同署の調べで24日、松本容疑者が事件当時に現場を通ったことを認め、松本容疑者の乗用車の底部からは人の毛髪と体の一部が数カ所にわたって付着していたことから逮捕した。松本容疑者は「雪のかたまりにぶつかったと思ったがよくわからない」と容疑を否認しているという。

 同署は今後、松本容疑者の車に付着していた毛髪などをDNA鑑定し、朝倉さんのものか特定する。【仲田力行】

金沢大医師 あて先ない紹介状 中国での移植仲介業者関与(産経新聞)
芥川賞・直木賞 選考経過(産経新聞)
国会改革法案、施政方針後に提出=民主(時事通信)
日医会長選、茨城・原中会長がマニフェスト発表(医療介護CBニュース)
首相動静(1月18日)(時事通信)

下北半島のニホンザル公開へ=食害で捕獲、むつ市が譲渡-上野動物園(時事通信)

 東京都台東区の上野動物園は24日、「サル山」で、青森県の下北半島地域に生息するニホンザルの一般公開を始める。同地域のサル公開は全国でも珍しいという。
 同園によると、下北半島のサルは国の天然記念物に指定されており、ヒトを除く霊長類としては北限に生息。大型で毛深く、「スノーモンキー」とも呼ばれて世界的に知られている。
 公開するのは、青森県むつ市などが農作物の被害軽減のために捕獲するなどした23匹。昨年4月、同園が申し出て譲り受けた。
 むつ市によると、農地ではカブやカボチャが食い荒らされる被害に悩んでおり、農作物を巡視したり、サルを追い払う犬を導入したりしているが、被害は増加傾向にある。
 サルが増えて生息域が広がると、市街地に出没する恐れもある。一定数の捕獲で、住民の安全とサルの保護の両立を図る必要があるという。
 同市の担当者は「サルの食害や自然保護の対策について理解を深める発信の場になってほしい」との期待も込めている。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕動物の赤ちゃん
輸入ワクチン、初の特例承認=欧州2社の新型インフル用
国産か輸入、被接種者が選択可能=新型インフルワクチンで厚労省方針
本物が出るお化け屋敷?=26年の歴史に幕
凍死後、動物にかまれる?=駐車場遺体、近くの女性

<陸山会土地購入>石川容疑者「小沢氏に事務処理を報告」(毎日新聞)
対日協調 米は優先 共同声明 普天間を封印(産経新聞)
【中医協】「5分要件」廃止後、“お薬外来”を不算定に―安達委員が提案(医療介護CBニュース)
普天間移設先 社民、硫黄島除外へ PT座長表明 党大会、福島氏4選(産経新聞)
小沢氏聴取、今週末が有力 妻にも打診(産経新聞)

センター試験 問題訂正漏れぬよう受験生“軟禁”(産経新聞)

 16日に行われた大学入試センター試験で、1時限目の「公民」のテスト中に、監督者が誤って2時限目の「地理歴史」の問題訂正文を板書するミスがあったことが大学入試センターに入った連絡で分かった。

 同センターによると、ミスがあったのは北見工業大(北海道北見市)の1試験室。公民の現代社会の補足説明を板書すべきだったのが、監督者が誤って地理歴史の世界史Aの問題訂正文を板書した。

 受験生の指摘で監督者が気づき、ただちに修正。訂正内容が漏れないよう、試験室にいた33人の受験生は公民の時間終了後から2時限目の入室終了時刻まで、トイレ以外の退出を制限するなど、ほかの受験生との接触を避ける措置を取ったという。

 33人の中に世界史Aの受験者はいなかった。

【関連記事】
センター試験始まる 志願者数55万、インフル追試験は154人
センター試験のインフル対策、高校教員は評価 河合塾調べ
阪大 マスク2万6000枚用意 あすからセンター試験
郵便局・ネスレ「受験生応援バス」「絶対合格」願い乗せ東京着
合格するぞ!必勝祈願スパート 東京・湯島天神

将棋 久保が三間飛車 王将戦第1局(毎日新聞)
「やっぱり法制局長官を国会に」政府が心変わり?(読売新聞)
<福岡乳児殺害>親族会議で「手かざし」治療決める(毎日新聞)
ハイチ大地震 インド洋津波、阪神大震災の遺児が街頭募金(毎日新聞)
<JR京浜東北線>踏切に人!緊急停車で6万人影響(毎日新聞)

首相、党大会で「幹事長は全力で職務遂行を」(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は16日午後、東京・日比谷公会堂で開いた民主党の定期党大会でのあいさつで「小沢一郎幹事長の資金管理団体への検察捜査が行われている。小沢幹事長は法令に触れることは一切していないと訴えておられる。党代表として小沢幹事長を信じている」と語った。

 さらに「党として肝心なことは政権与党としての責任を果たしていくことだ。当然、政治倫理の確立の使命も含まれるが、小沢幹事長には臆(おく)することなく身の潔白を説明し、職務遂行に全力をあげるよう要請する。党員の皆さんが、冷静な判断のもとで、捜査の推移を見守るよう心からお願いする」とも述べた。

【関連記事】
鳩山首相、小沢幹事長の続投「菅副総理と一致」
小沢幹事長続投に「党の自殺行為」の批判も 
鳩山首相、イバラの道 責任論も
首相「闘ってください」 小沢氏に続投“お願い”?
■総力特集「それでも小沢一郎」

岡山選挙区から出馬を拒否=自民・片山氏、県連要請に(時事通信)
コースター点検走行中、足場にぶつかり重体(読売新聞)
殺人事件が戦後最少=刑法犯7年連続減-警察庁(時事通信)
高見順賞に岡井、岸田の2氏(時事通信)
強盗傷害事件の取り調べDVD、法廷で再生へ(読売新聞)

2団体「対外的には独立」=西松元総務部長の証言続く-小沢氏秘書第2回公判・東京(時事通信)

 西松建設の偽装献金事件で、政治資金規正法違反罪に問われた小沢一郎民主党幹事長の公設第1秘書大久保隆規被告(48)の公判は13日午後も、東京地裁(登石郁朗裁判長)で続いた。西松側の献金担当者だった同社元総務部長(68)は、献金元の二つの政治団体について「対外的には西松建設と独立していた」などと証言した。
 次回期日は26日で被告人質問が行われる。
 この2団体は、新政治問題研究会と未来産業研究会。元部長は「対外的には西松OBによる友好団体。政治団体として届け出をし、政治資金収支報告書も出していた」と説明した。
 一方、社内的にどうだったか問われると、「事務所も別に借り、給料も別だった。引き継いだときには問題ないということだった」と話した。
 検察官が2団体をダミーと言わないのは株主代表訴訟を恐れているからかなどと聞くと、「ダミーとは思っていなかった。質問は何が言いたいのか理解に苦しむ」と声を強める場面もあった。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

自民・大島氏、首相と小沢氏の説明要求=「自浄能力問われる」-代表質問始まる(時事通信)
東京地検が石川議員を夜から異例の聴取、4億円不記載疑い(産経新聞)
石川容疑者、5000万円口座へ 水谷建設から「裏献金」の3日後(産経新聞)
坂本龍馬 妻お龍と初の合同法要…真木よう子さんも出席(毎日新聞)
<取り調べ可視化法案>政府・民主、対応苦慮…検察捜査受け(毎日新聞)

「アバター」が作品賞、監督賞の2冠-米Gグローブ賞(時事通信)

 【ロサンゼルス時事】米アカデミー賞の前哨戦とされる、第67回ゴールデン・グローブ賞(ハリウッド外国人記者協会主催)が17日発表され、SF大作「アバター」(ジェームズ・キャメロン監督)がドラマ部門の作品賞と監督賞の2冠に輝いた。
 同作品は未知の惑星「パンドラ」を舞台に、惑星の先住民と彼らの遺伝子を組み込んだ分身(アバター)をつくって資源採掘に乗り出した人類の戦いを描いた。昨年12月に世界公開されたばかりだが、話題の3次元(3D)映像技術と好調な興行収入にとどまらず、今後の受賞レースも注目される。
 また、ミュージカル・コメディー部門の作品賞は、歓楽街ラスベガスで独身最後の男性らの酔狂ぶりを描いた「The Hangover」(トッド・フィリップス監督)が選ばれた。 

【関連ニュース】
【特集】ギターの達人~超絶技巧の世界~
〔特集〕日本人宇宙飛行士の軌跡
〔写真特集〕ミクロの世界
〔写真特集〕国際宇宙ステーション
〔写真特集〕往年の海外ムービースター

妻かくまう義母に殺意 大阪・発砲男 重体男性も死亡(産経新聞)
元秘書、石川氏から証拠隠しは「小沢先生のご指示」と聞いた(産経新聞)
はり治療後に女性急死 大阪府警、鍼灸院を家宅捜索(産経新聞)
列車到着時刻の確認怠る=12人けがの衝突事故-北海道(時事通信)
普天間・同盟強化を協議=外相、ハワイに出発へ(時事通信)

「桜田門外の変」で井伊直弼襲撃の拳銃か?(産経新聞)

 桜田門外の変(1860年)で大老、井伊直弼(なおすけ)を撃った可能性がある拳銃(けんじゅう)が15日、水戸市の茨城県庁で公開された。古い銃器を収集し、「堺鉄砲研究会」を主宰する沢田平さん(74)=大阪市東成区=が所有している拳銃で、沢田さんは水戸藩で造られたものとみており、銃身に刻まれている製作者の名前が水戸藩に関係があるかなど、情報を求めている。(城野崇)

 拳銃は米コルト社で1951年から製造された「51ネイビー」という銃を、日本で複製したものとみられる。

 量産された鉄製の純正品とは違い、純銀、シタンなどの高級素材で造られている。銃全体に桜の文様が彫り込まれており、安政年間など江戸時代後期に関東で活躍した彫工、鎌田壽次の銘があった。古い銃器類に詳しい沢田さんは「桜を好んだ徳川斉昭公が作らせたのではないか」と推測している。

 銃身の裏には、「中澤晃敬」という製作者と思われる銘が刻まれているが、沢田さんの調査では、その正体は不明。沢田さんは「水戸で仕事をしていた銃工なら水戸藩で造られた物である可能性が高まる」と話し、「中澤晃敬」に関する情報などを求めている。

 沢田さんによると、拳銃は米国の古銃研究家が所有していたもので、十数年前に入手した。箱には「森六五郎義士」「直弼公天誅の銀筒」の記述があった。

 森は桜田門外の変に参加した水戸浪士の一人。最初に拳銃を発砲したという説もある。ただ、発砲したのは、ほかの浪士という説もある。

 桜田門外の変では、かごに向けて発射された弾丸が井伊直弼に命中。井伊直弼は動けなくなったところを浪士らに襲撃され、暗殺された。

 沢田さんは「確証はない」としながらも、「水戸・徳川家が造らせた拳銃が襲撃に使われても矛盾はない」としている。

 沢田さんは今回、公表した理由について、「歴史的事件の凶器である可能性を考え、これまでは明かしていなかった。映画化で機運が高まる中、自らの年齢を考え、銃の素性を知りたくなった」と話している。

 ■桜田門外の変 1860(安政7)年3月3日、江戸城桜田門近くで登城中の大老・井伊直弼が水戸・薩摩の浪士に暗殺された事件。直弼は朝廷の許可を得ぬまま日米修好通商条約を結び、安政の大獄で吉田松蔭や橋本左内ら尊皇攘夷論者ら反対勢力を一斉に処罰したことで尊皇派の志士に狙われた。事件は倒幕運動のきっかけになり、時代は明治維新へと突き進んでいく。

【関連記事】
安政の大獄150年、井伊家当主が初めて焼香し和解
「安政の大獄」から150年…ひこにゃん、松陰ゆかりの萩市訪問
水戸・千波湖畔で大規模ロケ 映画「桜田門外ノ変」
彦根市長がひこにゃんと松陰の墓参り 150年のわだかまり払拭へ
ひこにゃんも応援?“悪役”井伊直弼見直そう 江戸東京博物館で講演

<コンビニ強盗>2人組の男が現金奪って逃走 群馬・玉村町(毎日新聞)
副大臣・政務官を15人増員へ=通常国会で法整備-民主方針(時事通信)
<食品安全委>こんにゃくゼリー「事故頻度はあめと同程度」(毎日新聞)
ケータイ小説大賞 中学校で表彰式と受賞記念イベント(毎日新聞)
重さ10分の1 シワなし、派手…「スーツ」高機能化どこまで(産経新聞)

振り袖姿でジェットコースター 「としまえん」で成人式(産経新聞)

 成人の日の11日、東京都練馬区の成人式が同区向山の遊園地「としまえん」で開かれた。

 プール屋内館で行われた式典には約4200人の新成人が参加。志村豊志郎区長らによるあいさつの後、ビンゴゲームや記念撮影など成人を祝うパフォーマンスが行われた。

 また同区の先人式では恒例となっているジェットコースターやアイススケート場でのアトラクション体験も実施。ジェットコースターには振り袖姿の女性24人が乗り込み、盛んな歓声とともに大人への門出を祝った。

【関連記事】
花婿に冷水浴びせ防火祈る 福島で奇祭「水祝儀」
今年の沖縄は「信号無視」 車内に羽織姿の新成人7人
「一発芸しろ」ヤジ新成人に市長が一喝 佐世保
酔って式会場のガラス割る 新成人の男逮捕 秩父
「自分は草食男子」5割超 新成人は恋愛に臆病

雪化粧 朝日を浴びて美しい輝き 東京・奥多摩(毎日新聞)
新規インフルエンザ治療薬が世界初の承認を取得―塩野義製薬(医療介護CBニュース)
<業務上横領容疑>名古屋保育園連元事務員を逮捕 愛知県警(毎日新聞)
阪神大震災400人の証言公開…首相、遺族も(読売新聞)
米車対象外のエコカー支援、国務長官が懸念(読売新聞)

<診療報酬不正受給>山本病院理事長に懲役2年6月の判決(毎日新聞)

 奈良県大和郡山市の医療法人雄山会「山本病院」の診療報酬不正受給事件で、詐欺罪に問われた理事長、山本文夫被告(52)に対し、奈良地裁(野路正典裁判官)は13日、懲役2年6月(求刑・懲役4年)の実刑判決を言い渡した。野路裁判官は「事件を主導し、全額公費負担となる生活保護受給者の診療報酬システムを悪用した」と述べた。弁護側は判決を不服として大阪高裁に即日控訴した。

 判決によると、山本被告は元事務長(57)、カテーテル納入業者(60)=ともに有罪判決確定=と共謀し05~07年、生活保護受給者8人に心臓カテーテル手術をしたように装い、診療報酬計約835万円をだまし取った。

 判決は動機について「病院経営の安定化のため、不正請求を常習的に繰り返し、医療の本分をないがしろにした」と指摘した。

 医療法人雄山会は昨年12月から破産手続きを進めている。【高瀬浩平】

【関連ニュース】
診療報酬不正受給:山本病院元事務長に有罪 奈良地裁
奈良・診療報酬詐欺:山本病院元事務長に有罪
診療報酬詐欺:山本病院が自己破産申請 /奈良
診療報酬詐欺:山本病院理事長の保釈請求を却下--大阪高裁 /奈良
診療報酬詐欺:山本病院理事長に懲役4年求刑 奈良地裁で結審 /奈良

いつでも、元気な美容師です。
t4qc71uqのブログ
債務整理
モバイル ホームページ
ネイルサロン
プロフィール

Author:いけがみゆきおさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。